クルマはこの50年間、常に進化し続けてきました。特に近年、ハイブリッド車やEV車がスタンダードとなり、環境にやさしい車社会が実現しました。これまで環境に配慮して車に乗ることを控えていた人々も、気軽にドライブすることができるようになりました。

クルマの安全性能については物体感知自動ブレーキや歩行者用エアバッグなどの技術革新が進み、人とクルマが共存しやすくなっています。また、スマートフォン、タブレットが爆発的に普及し、クルマの中でも情報を自由に収集できるようになりました。革新的な通信技術は目的地への道案内をしてくれるナビゲーションシステムと自動車運転の新たな可能性を示しています。

企業はまたインターネットを利用することで、より効率的に商取引を行うことができるようになりました。個人は日常の情報収集が可能となり、ネット上で自分の欲しい商品を注文し、取り付けなどを実店舗で行うといった購入体験ができるエコシステムは既に人々の生活に溶け込んできています。

インターネットの普及により、人々は情報に自由にアクセスし、膨大な情報の中から欲しい情報を瞬時に入手できるようになりました。またそれによって、仕事をより効率的にこなせるようにもなりました。時間と場所を選ばないインターネットによって、人々は自由な時間を手に入れより創造的で無駄のない豊かな生活を始めています。

社会の変化に伴って、我々の製品に対するお客様からの要望も変化し続けています。我々は明確な製品コンセプトに基づいて、直感的な操作が可能な製品構造や装着プロセスなどを持つ商品の開発に努め、お客様のより高度なご要望に日々応えます。常に人とクルマのより良い関係を求め、たえず新しいカーインテリアの創造を目指します。